生姜で風邪を予防できるの?元医学部が化学的に解説

季節の変わり目には風邪を引きやすい。
なるべく予防したいけどどうしたらいいかな?
よく生姜が風邪の予防にいいって聞くけどあれは本当なのだろうか。。。
その手の話が多すぎて何を信じればいいのか分からないよ><

そんな疑問に答えます。

■本記事の内容
・生姜の効能を化学的に理解し、風邪の予防に効果があるかどうか分かります。
・生姜の効果を効率的に活用する方法が分かります。

「○○が体にいい!」「○○を食べると痩せる!」などの嘘情報が世の中には蔓延していますよね。

水素水なんかは代表的で化学的な根拠はなくても飛ぶように売れていました。

※水素水は化学を少し勉強したことがある人なら効果がないと分かるものだったりします。

もちろん中には本当の情報も混ざっているはずなのでその見極めが大切ですね。

僕自身が東京医科歯科大学の大学院を卒業しているため、化学や生物・薬学や医学に関する知識が若干あります。

そんな僕が説明できるレベルの内容ではありますが今回は

「生姜で風邪の予防ができる!」という情報がウソなのかホントなのかをわかりやすく解説しようと思います!

 

 

生姜で人間の風邪は予防できない

時間がない人のためにこの記事の要点だけ先にまとめます。

・生姜にはマウスの脂質を代謝する作用(脂肪を燃やす作用のこと)があるようだが人間に効果があると証明されていない
・体を温める効果については人間で実験の結果、生姜を摂取した場合とそうでない場合で差はなかった
・風邪の予防にはならないが生姜には食事における中性脂肪の吸収を抑える効果がある

つまり・・・

生姜は風邪の予防にはならないがやっぱり健康には良かった!

が僕の結論になります。

 

風邪の予防になると言われる生姜の成分について

 

生姜が風邪の予防になると言われる所以は生姜に含まれる3つの成分による物です。
それぞれどんな成分なのか解説します。

 

生姜の主成分① : ジンゲロール

 

シンゲロールはいわゆる生姜の辛味成分です。

この成分は非常に繊細であり加熱や乾燥によって後に紹介する別の成分に変化します。

また非常に酸化しやすい成分なので、空気中に触れると約3分程度でこれまた別成分に変化してしまいます。
おろしたての生姜が辛いのはこのためです。

とは言えこの成分を大量に摂取することは難しいため、風邪の予防等の効果については割愛します。(あっても意味がないため)

 

生姜の主成分② : ジンゲロン

 

ジンゲロンはジンゲロールを加熱した際に発生する成分の1つです。

この成分については、医学・薬学界隈で盛んに研究が行われている最中です。

今の所出ている結果としては、マウスに対する脂肪燃焼効果と酸素消費量の向上です。

なので、今後研究が進みラットでの実験や人間での実験が進むことで、なにかしらの有用性が認められる可能性はあります。

 

生姜の主成分③ : ショウガオール

 

ショウガオールはジンゲロールを加熱した際に発生するもう1つの成分です。

ちょっと名前がふざけてますよね(笑)

それでも実はこの成分が生姜の健康効果の鍵となる成分なので詳しく説明します。

 

 

風邪の予防ではない!?ショウガオールのまさかの効果

ショウガオールが体にいい!風邪の予防になる!というのはテレビやネットでもよく見る話です。

とはいえ多くの記事や特集では理由の説明もなく、免疫力を高める・殺菌効果がある等の効果が語られています。
うつに効くってのもあって笑ってしまいました。生姜どんだけ万能なの!笑

色んな論文を読んでみましたが、しっかりと証明されている効果が1つありました。

それは肥満予防効果です。

そもそも肥満とは、体内で吸収される脂肪の量が消化する量を上回ることで発生します。いわゆる太るってやつですね。
なので、痩せるためには

①体の中で吸収される脂肪を減らす
②体の中で消化する脂肪を増やす

のどちらかが必要です。

 

生姜に含まれるショウガオールには①の効果があります。

そもそも脂肪は食事によって摂取した脂質を脂肪酸とモノグリセライドに分解することで吸収されます。
逆に言うと脂質は分解されなければ吸収されないのです(ここ重要!)

 

ショウガオールには体内で脂質を分解する酵素(リパーゼ)の働きを邪魔してくれる効果が発見されました。

つまり・・・

ショウガオールがいれば太りにくくなる!!!!!!!

 

これはいくつもの研究で報告されている事実であり、実際により効果を高める研究も進んでいます。

今後はより効果のでる形で製薬化されていくことが予想されます。

 

とはいえそれは肥満予防としてであって風邪の予防ではないですけどね(笑)

 

 

風邪の予防はできないのは分かった。じゃあ生姜を食べれば痩せられるの!?

 

成分上は生姜を食べれば痩せられることになるのですが、ここには大きな落とし穴があります。

 

だって生姜ってそんなに食べます?薬味的に使うくらいですよね?
しいて言うならガリですかね、あれだけはパクパク食べますね。

 

いずれにしろ肥満を予防するほどの効果を出すためには食事で少し食べたくらいでは意味がありません。

これは風邪の予防にも同じことが言えますね。

 

なのでショウガオールの力で痩せようと思ったら少し工夫が必要です。

 

●生姜ドリンクの活用



 

生姜を料理等だけで摂取するのには限界があるため、生姜の成分は飲み物として摂取しちゃいましょうという方法です。

 

こちらのドリンクは成分として、生姜・麦芽糖・黒糖しか使われておらず完全無添加なのがすごいです。

 

またこの黒糖にも老化現象の原因となる活性酸素を吸収する効果が非常に高いため、痩せるためだけではなく健康という面で多角的に有用なドリンクになります。

 

青汁のせいかもですが、この手のドリンクの欠点はだいたい苦いイメージがあります。

ただこの生姜ドリンクについては美味しいとのレビューが非常に多く健康ドリンクにしては珍しい印象でした。

 

無理なくおいしく生姜成分を摂取したい方は是非活用してみてください\(^o^)/

 

●ショウガオールを直接摂取



こちらはサプリになります。

 

記事をここまで読んで「ショウガオールがすごいのはわかったけど、生姜の味はニガテ!」
と思う方がいる場合はこちらがおすすめですね。

 

先程のドリンクはかなりの量の生姜を使っているようなので、ニガテな人には厳しいと思います。

 

また、生姜の様々な成分の中でもショウガオールを抽出しているサプリなので、正直効果は先程のドリンクより高いと思います。

ドリンクの良いところを紹介しておいてあれですが、僕も買うならサプリのほうかなと思います。

 

まあ値段はどちらもあまり変わらないので、飲み物として味も気になるならドリンク!味には興味ないならサプリ!程度の選びかたでいいと思います。

 

まとめ

 

今回は生姜が風邪の予防には実は効かないが、肥満の予防には効果がある!という内容を紹介しました。

正直肥満の予防になるのは知らなかったので、僕自身も結構びっくりです。

論文読むのも何年ぶりとかでなんだか懐かしかったです(笑)

他にもいいい情報があったらまた紹介します!

この手の健康に良いだったりダイエットにいいのような話は、デタラメがかなり多いので皆さん気をつけてくださいね!

最新情報をチェックしよう!