【男性向け全奢り回避決定版】デートで好感度を下げずに奢り回避する言い方!

困っている人
デートの会計ってどうするのが正解なんだろう。。。。
毎回全奢りなんてしてたらお金的にきついけど、女性は奢られないと嫌がる人もいるみたい。
始めは全奢りで途中から割り勘も蔑ろにしてる感じになりかねないしなぁ。
なんとか始めから少しは女性にも出してもらうようにできないかな?

 

そんな疑問に答えます。

 

本記事の内容

・デートの際に男性側の全奢りを上手に回避する方法が分かります。

・全奢りしていないのに次回のデートに繋がります。

・割り勘するつもりだった女の子の好感度は爆上がりします。

僕は正直全奢りはしたくないです。

とは言え好きな子をゲットすることが最優先です。

そこで元々は奢りを回避するためではなく、会計時の好感度を最も高くする方法を模索し色々な案を試してみました。

ネットでよく聞く方法ってありませんか?女性がトイレに行っている間に会計するみたいなやつ。

そういったものも含めて色々試しましたが、奢られたらヤダなんて女性も中にはいるので誰にでも通じる正解がネットで中々見つからない中で、やっと見つけた方法・言い回しを是非共有しようと思います。

わざわざ共有する理由は「男性は女性に奢るもの」という常識が納得できていないので、新しい常識になって欲しいからです!(笑)

割り勘ではなくいったん全奢りした後に女性に奢らせろ!

はい、見出しでネタバレしてしまいました(笑)

奢らせろ!というと表現がよくないかもですが、実際何かしらを奢ってもらうことを目指します。

まずは会話例を書いてみますので、頭の中で言い方もイメージしてみてください!

<シチュエーション>

初デート・居酒屋で夜ご飯時の会計・レジ前

店員「8000円になります。」

男「1万円からお願いします。」

ここでなにも言わずにまずは出します。全奢りする時の要領ですね。

この後は女性の対応も色んなパターンがあります。

女「悪いよ!半分だすよ!」

女「え、いいの?」

女「(財布を開きかけながら店を出て)いくらー?」

女「ありがとう」

本当に出す気がある人から、求められれば出すがあわよくば出したくない人、少しなら出してもいい人、出す気がない人、

等色んなパターンがあります。もちろん女性側の性格だけでなく男性との関係性や好感度なんかにもよりますけどね。

とはいえ、この後の男性側の回答には完全に正解があります。それは

男「大丈夫!代わりに今度昼飯とかスタバでも奢って!」

です。もちろん昼飯やスタバじゃなくてもタバコとかでもいいですし、2次会に行きたければ2次会でもいいと思います。

なんだそんなことかと思う方もいるかもしれませんが、これには重要な要素がいくつも詰まっています。それは

①全奢りを実質回避している点

②次回のデートに繋がる点

③女性の気持ちに配慮している点

④関係が続けば自然に割り勘に移行可能な点

です。それぞれ解説します。

割り勘ではないが全奢りを実質回避できる

これは言わずもがなですね。

大小はあれど、なにかしらのバックを受けれるので自身の財布負担を小さくできます。

次回のデートに繋がる

みなさんはデートに行った後に、次のデートの約束をどう取り付けるか迷ったことはないでしょうか?

なにか理由があればいいのですが、あまりデートデートしていると女性も余計な気を張ってしまいますよね。

そこで、夜ご飯に行った際に一度こちらが奢ることで、次に会う理由を自然に作ることができます。

もちろんそもそも夜ご飯の中で好感度が低く、絶対にもう会いたくないくらい思われてたら意味ないですが、それはまた別の問題です。

奢られる女性の気持ちに配慮している

先ほど女性にも色々なタイプがいるとお話ししましたが、奢ってもらうことが当たり前になっている女性は今回除外します。

多くの女性は奢ってもらった時に、「ラッキー」「大切にされている気がする」等プラスの感情を感じますが、

一方で「申し訳ない」「舐めるな!」「このあと何かされないよね?」等マイナスの感情も同時に感じる方が多いです。

そういった方々には逆に奢る機会を設けることで、金額の大小はあれど「自分も出してる時はある」という一種の安心感を与えマイナスな感情を解消できるのです。

このポイントのおかげで、払う気満々だった女性からは好感度もアップまで合わせて狙うことができます。

全奢りからでも関係が続けば自然に割り勘に移行可能

今回は男性向けの全奢り回避記事ですが、これって結局多くは出すことになるんですよね。

とは言え、その後うまくいってお付き合いするとなると、毎回毎回多く出すことは金銭的な負担もそうですが喧嘩や破局のリスクになります。

これは、なにか別の部分で不満が出てきた時に「っていうかいつもお金も多く出してるのにさ~」という思いが出てきたりするんですよね。

なのでお付き合いをする場合などはできるだけ割り勘をできた方がいいんですよね。

ただこれもなかなか難しい。。。

元々割り勘であれば問題ないのですが、全奢りをしている場合や今回のように多く出す場合は移行が難しいです。

付き合った瞬間に「じゃあこれからは割り勘で!」ってケチとか云々の前に感じ悪くないですか?笑

もちろん女性側から言い出してくれたら楽ですがそうとは限りません。

そこで今回の全奢り回避の言い方を応用します。

男「大丈夫!代わりに今度昼飯とかスタバでも奢って!」

男「大丈夫!代わりに明日奢って!」

にすればいいのです。

これって実質割り勘になるんですけど、女性の目線に立つとだいぶ印象違いませんか?

細かい金額は気にしないのであればこれを使うと旅行等の金額が大きくなる時以外は、映画でも動物園でも同様のことができます。

まとめ

今回はデートで好感度を下げずに全奢りを回避するような会計時の言い方を紹介しました。

もちろん前提として

・女性側が奢られるのが当たり前とまでは思っていない

・好感度はマイナスではない

といった部分はクリアしなければなりません。

なので、女性とデートの約束を取り付け盛り上げることまではしっかりできるが、その後がうまくいかない・・・といった男性には是非試して欲しいです!

逆に

・そもそも出会いがない

・約束はできても2回目に繋がるほど好感度を稼げない

といった方にはそもそも別のノウハウが必要になりますので、これらについては今後別記事で紹介していこうと思います。

〈バーでの出会い編〉

出会いが欲しけれりゃ1人でバーへ!社会人でも出会いに困らなくなる方法

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!